化粧水で肌の保湿をする|潤い保護スケッター

female

セラミドの種類と配合量

セラミドの種類

female

保湿美容液の中で現在注目されている成分のひとつにセラミドがあります。セラミドというのは保湿成分のひとつです。種類が3つあり、それぞれ効果は異なります。まず、ヒト型セラミドです。ヒトの肌に存在しているセラミドと全く同じ構造を持っていて、保湿効果が他のセラミドよりも高いです。もう一つは、非ヒト型セラミドです。これは動植物の天然成分から抽出されて作り出されたものです。成分表示としては「植物性セラミド」などのように記載されています。最後のタイプは擬似セラミドと呼ばれるものです。セラミドと構造が似ていますが、同じではありません。そのため、セラミドとは言えないので「擬似セラミド」と呼ばれています。保湿効果はありますが、前の純粋なセラミドよりも低いです。

要因と配合量

セラミドの高い保湿効果の要因は、保湿因子にあります。セラミドは人間の肌にも存在していますが、その役割は肌の水分を維持することです。その維持をしているのが、保湿因子なのです。このことから、セラミドが水分を維持することができる力、すなわち保水力が非常に高いとされているのです。そうした理由からセラミドが配合されている保湿美容液が良いのです。しかし、それではセラミドが配合されている保湿美容液の中でお勧めのものはなんでしょうか。やはりセラミドの配合量が多いものです。化粧品には成分表示が義務付けられているので、パッケージで確認してみましょう。ちなみに、配合量は多い順に記載されるのがルールです。なるべくセラミドが成分の中で上位にくるような保湿美容液を購入するようにしましょう。

Copyright©2015 化粧水で肌の保湿をする|潤い保護スケッター All Rights Reserved.